Soham(そ~はむ)のコンセプト

何か、外側の正しさに当てはめるのではなく、
自分のカラダの「心地よさ」に気づいていく

主体が自分自身にあるセッションです。

『今の状態』に気づく

辛い肩こり、腰痛、毎月悩まされる生理痛、なんとなくだるい、イライラする・・・

これらは、悪いことではありません。
「何かがおかしいよ」というカラダからのメッセージです。

まず、現在のカラダの声によく耳を澄ませてみる。
一緒に感じていってみましょう。

よく観ていくと、思っていた以上にカラダが緊張していたことに気づいたり、
反対に、ないと思っていた力や心地よさに気づかれることもあるでしょう。

正解はなく、人それぞれ。

カラダを感じることに慣れていないと、分かりにくいこともあります。
「わからない」というのも、『今の状態』です。

緊張をゆるめる・減圧

動き方や考え方、食べ方など、日常の偏った習慣によって、カラダが緊張します。
緊張した筋肉はねじれ、骨を引っ張り、歪ませます。

歪んで固まった身体では、

体液が滞り、むくみ、疲労が抜けづらく
縮んだ肺では深い呼吸ができず
せまくなったお腹では、便秘、生理痛が起こり

老廃物・不要物を排出する機能が低下します。
その状態でトレーニングしても逆効果。

力むことはできても脱力って???

筋肉の緊張とねじれ、高まった圧力を抜く、
ゆるめるケアから始めましょう

全体のつながりから動く

何かのアンバランスが原因で、痛みや不調が起こっているのならば、
大切なことは、日常でバランスをとりながら動けるようになること。

ゆるめた後、もしくは同時進行で行うのは、つながりを感じられる動きの体験です。

必要に応じて、全身のつながりを取り戻すエクササイズのパーソナルメニューの提供をしております。

body balance

<body balance>

前提は「ある」土台のカラダ

Soham(そ~はむ)のエクササイズは回数や強度を高めるトレーニングではありません。

それ以前、カラダ本来のバランスを取り戻し、機能的に動けるようになるための土台の身体づくりに焦点を当てています。

そのため、介護の必要な方から、各種スポーツやヨガ等を行う前のケガ予防、パフォーマンスアップまで、運動能力に関わらず、実践していただけます。

自分で働きかける×ゆだねる

慢性的な痛みや不調は、日常の習慣に原因があることがほとんどのため、自分で気づき、働きかけると、驚くほど変化していきます。

その一方で、心臓が動いて、呼吸して、消化吸収して、
・・・全て自動的に機能している身体は、あれこれ手をかけるよりも、環境さえよくすれば、よく働いてくれます。

それに、人にサポートしてもらうのが必要なときもあります。

カラダの声を聴けるようになると、
自分で働きかける部分とゆだねる部分、
その時々でバランスをとることができるようになっていきます。

自分に寄り添う時間

自分を見つめ、ケアする時間、
それは、自分に寄り添う時間

「楽しい」「心地よい」をじぶんの真ん中に。

ポリシー

○セッションは受け身の「治療」や「リラクゼーション」ではありません。お身体を感じる好奇心をお持ちください。
○身体が自然に整う力(自己調整力)を引き出すために、心地よさや楽しさを大切にしています。
○お知り合い、身内の方でもセッションの情報をご本人の許可なくお話しすることはありません。
○キャンセル、ご変更はお早目にしていただけると幸いです。